Instanaバックエンドコンポーネントは、リモートソフトウェアリポジトリとDockerイメージを含むリモートレジストリを使用して提供されます。課金のために、Instanaのアカウントシステムへの使用情報の提供が必要です。以下は、インストールや動作中にリーチャブルであることが必要な全てのリモートシステムのリストです。

Instanaのバックエンド用Linuxソフトウェアリポジトリ

インストーラのバイナリは、以下のリポジトリからDEBおよびRPM形式で提供されます。

リポジトリ: https://packages.instana.io/

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:あり

次のアドレスはエージェントとオンプレミスの両方で使う、セットアップのためのワンライナーのインストール手順です。

リポジトリ:https://setup.instana.io/

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:なし

リポジトリの固有のログイン情報が提供されます。

Instanaのバックエンド用Dockerレジストリ

Instanaコンポーネントは、次のリポジトリ内にDockerコンテナとして提供されます。

リポジトリ:https://containers.instana.io/

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:あり

次のアドレスは、コンテナのリポジトリの認証用です。

リポジトリ:https://auth-infra.instana.io/

  • ポート:auth-infra.instana.io:8443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:なし

InstanaエージェントのDockerレジストリ

InstanaはエージェントをDockerコンテナとしてオフィシャルなパブリックレジストリで提供しています。

Dockerレジストリ: https://registry.hub.docker.com/

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:あり

Instanaのバックエンドのアカウントアクセス

Instanaの価格モデルはInstanaのアカウントバックエンドに送信された情報に基づく使用量ベースの課金システムです。この情報は以下のシステムに送信されます。

アカウントバックエンド:https://instana.io/portal/statistics/usage

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:なし

レジストリの固有のログイン情報が提供されます。

Instanaエージェントとセンサーのリポジトリ

新しいセンサーや既存のセンサーの更新、エージェントの更新は、以下のリポジトリから毎日アップデートされます。

エージェントリポジトリ:http://artifact-public.instana.io/

  • ポート:443
  • プロトコル:HTTPS
  • 認証:あり