コンセプト

多くの場合、エンドユーザー監視(EUM)またはリアルユーザー監視(RUM)と呼ばれるWebサイト監視は、デジタルユーザーエクスペリエンスを理解するための重要なツールです。 Instanaは、実際のブラウザのリクエスト時間とルートの読み込み時間を分析することにより、Webサイトを監視します。これにより、エンドユーザーのWebブラウジングエクスペリエンスに関する洞察と、アプリケーションコールパスについての可視性が得られます。 Instana Webサイト監視ソリューションは、監視対象のWebサイトに組み込まれている軽量のJavaScriptエージェントによって機能します。 overview エージェントはWebサイトに非同期に読み込まれ、その結果をビーコンの形でInstanaに報告します。このビーコンデータは、Instana UIのWebサイトダッシュボード内に集約された形式で表示されます。これらのダッシュボードは、Webサイトの動作と速度を調べるのに役立ちます。 誰でもがアクセスでき、最も一般的な質問に答えるように設計されています。 分析機能を使用して、より具体的な質問と仮説に答えることができます。 次のスクリーンショットは、ページの読み込みについて収集されたデータを示しています。 エンドユーザーのブラウザアクティビティとバックエンドトレースへのリンクを組み合わせています。 full-collapsed

インストール

JavaScriptエージェントは簡単にインストールできます。  Instana内のWebsiteセクションに行き、Webサイトのパフォーマンスデータのトラッキングを開始します。 Instanaユーザーインターフェイスは、インストールのプロセスをガイドします。 new-website

WordPressの監視

WordPressでWebサイトの監視を使用する場合は、WP Instana EUMプラグインを使用できます。

ダッシュボード

Instana Webサイトの監視を開始するには、Webサイト名を入力してJavaScriptスニペットをコピーするだけです。 まだインストールしていない場合は、インストールセクションをご覧ください。

速度

速度タブは、ページロード時間を説明するスループット、レイテンシーおよびメトリックに焦点を合わせています。 speed

リソース

多くの場合、サードパーティのリソース(スクリプトや画像など)がページロードを遅くします。 リソースオーバービューを使用うと、遅いリソースプロバイダーを簡単に特定できます。 リソース別に分類すると、Webサイトでアクティブに使用されているすべてのリソースプロバイダーが表示されます。オリジンをクリックすると、ロード時間の内訳やキャッシュパフォーマンスなどの詳細情報が表示されます。ユーザーは、キャッシュ統計の経時的な変化と、これが読み込み時間にどのように関係するかを確認できます。 resource-details

エラー

捕捉されないエラーは、ビジネスに大きな影響を与える可能性があります。これは特に、オンラインストアで購入したアイテムの精算などの重要なプロセスに当てはまります。ここでのエラーは、しばしば二重購入を引き起こす可能性があり、その結果、クレジットカードの払い戻しを処理しなければならないなど、顧客の不満につながります。 トレースでキャッチされていないエラーを見ることは役立ちますが、単一の問題を気にしない場合もあります。多くのチームが関与している場合、または多くのエラーが発生した場合、全体状況を把握する方がはるかに便利です。これには、エラーの内訳が役立つ場所です。 この内訳はWebサイトのダッシュボードにあり、次のことを理解するのに役立ちます。
  • どのタイプのエラーが何件発生いるか
  • どのブラウザで発生したか
  • どのページで発生したか
JavaScriptエージェントがユーザー情報を利用できるようになると、影響を受けるユーザーについての洞察も可能になります。 error-details

HTTPリクエスト

どのHTTPリクエスト、例えば XMLHttpRequest fetch APIを介したリクエストが遅延や、問題をもたらしているのかを調べます。特定のオリジンを選択すると、スループットと待機時間やエラー率、待機時間の内訳に関する洞察が得られます。 http-details

ページ

多くの場合、特定のページを分離してパフォーマンスを分析することが重要です。このビューは、トラフィックが最も多いページ、または応答時間が最も遅いページを見つけるのに最適です。 特定のページを選択すると、この単一のページのすべてのメトリックが表示されます。 pages

アラート

設定済みのすべてのスマートアラートのリストを表示します。 アラートをクリックして、設定の表示、変更、または改訂履歴の表示を行います。必要に応じて、アラートを無効化または削除することもできます。 アラートを追加する方法については、スマートアラートの追加を参照してください。

分析

トレースやコールの分析機能と同様に、Webサイトモニタリングデータの分析ビューを使用して、ダッシュボードの事前設定ではカバーされない具体的な質問に答えることができます。単一のWebサイト監視データをビーコンと呼びます。ビーコンタイプには、ページロード、HTTPリクエスト、リソース、JavaScriptエラーなどがあります。便宜上、各ビーコンタイプには、分析ビュー内に独自のメインナビゲーションアイテムがあります。 ビーコンデータは、フィルタリングおよびグループ化に使用できます。フィルタは AND 演算子なので、ビーコンはすべてのフィルタにマッチする必要があります。デフォルトのグループ化は、選択したビーコンタイプによって異なります。グループ化を削除して、フィルタに一致する個々のビーコンを検査できます。

グループビュー

グループ化された分析ビュー内で、ビーコンデータは特定のタグでグループ化されます。デフォルトでは、次の通りグループ化します。
  • ページ名でロードされページ(beacon.page.name
  • リソースオリジン(beacon.http.origin)によるリソース
  • コールターゲットオリジン(beacon.http.origin)によるHTTPリクエスト
  • エラーメッセージによるJavaScriptエラー(beacon.error.message
次のスクリーンショットは、ブラウザ名(beacon.browser.name)でグループ化されたページロードを示しています。shop shopというWebサイトについて各種ブラウザのページロード時間(平均)を視覚化したグラフです。 grouped

メトリック選択

分析テーブルには、ほとんどの場合に役立つすべてのビーコンタイプのデフォルトのメトリックセットが表示されます。より具体的な質問に答えるために、これらのテーブルのメトリックの選択をサポートしています。 これにより、パーセンタイルなどのさまざまな集計を使用した分析や、TCP/SSL時間などの完全に独立したメトリックを使用した分析が可能になります。 フィルタリング、グループ化、メトリック選択、グラフの組み合わせは非常に強力です。Webサイトのダッシュボード内にあるほとんどすべてのテーブルとグラフを分析のために再構築できます。 metric-selection

グループ化されていないビュー

グループ化基準が削除されると、グループ化されていないビューにアクセスできます。指定されたフィルターに一致するすべての単一ビーコンをリスト表示します。グループ化されていないビューは、ページロードビューへのゲートウェイでもあります。 ungrouped

ページロードビュー

トレースとコールのトレースビューと同様に、ページロードビューはInstana内の最高の詳細レベルです。 ページロードとは、最初のHTMLドキュメントと、その後の次の全ページナビゲーションまでの全てのデータローディングです。 このビューは、発生したページロードに関する概要をすばやく提供するように設計されています。 さらに、このページロードのためにInstanaが受信したすべてのデータを見ることができます。これは、問題を分析するときに常にコンテキストが利用できることを意味します。たとえば、JavaScriptエラーを分析する場合、このビューは以前に何が起こったのかを理解するのに役立ちます。 ページロードビューは、一般的なWeb開発者ツールのネットワークタブをモデルにしています。大量のデータを処理するためのフィルタリングと検索が可能です。バックエンドトレースへのナビゲーションでさえ、何かがそのように動作している理由を完全に理解することが可能です。 full-expanded

トレースビューの統合

Webサイト監視を有効にすると、トレースビューも強化されます。次のスクリーンショットに示すように、トレースビューにはWebサイト監視データが追加されています。 integration